愛犬の命日

私は毎朝、

簡易的な神棚コーナーに手を合わせていますが、

5月5日になると、

その棚から、

一つの写真立てをテーブルに置いてする事があります。

この日は、

実家で15年と8ヶ月、

家族だった愛犬・翔が旅立った9年目の命日なんです。


002_20170505091051be3.jpg


妹がどうしても飼いたいと、

ポメラニアンを探してきたのに、

ダンボールに入ってやってきたのが、

真っ黒なヨークシャテリアの翔でした。

両掌に乗る程のちっちゃさで、

ブルブル震えていたのを思い出します。

そんな姿をペットショップやホームセンターで見かけた、

ちいさなヨーキーと翔と重ねてを見てしまうと、

犬を飼いたいと思う気持ちが一気に高まり、

そしていなくなってしまった寂しさがこみ上げて、

やっぱり手に取る事が未だに出来ない自分がいます。


愛犬家の知人からもよく言われるのですが、

飼えばきっと、

もっと可愛がりたくなって、

欲しかった子供がいない分、

もっともっと愛情を注ぐのだと思います。

でも、

またいなくなる日が来るのかと思うと、

もっともっともっと、

悲しい思いを背負わないといけないのかと思うと、

やっぱり触れる事が出来ません。

一緒に散歩したり、

一緒に布団で寝転がったり、

お風呂に入れてあげたり、

服を買ってあげたり、

戯れて遊んでみたり、

躾覚えさせながらご飯あげたりと、

してあげた事に対して、

全身を使って応えてくれる姿を見たい!

翔にしてた事を、

目一杯してあげたい!

なのに、

その反動が全て、

いなくなって悲しみとなって返ってくる苦しさを、

9年経ってもどうしても乗り越えられない弱い自分がいます。


でも、

私の中では、

いつも燥いでる翔がいます。

暑い日は、

よくかき氷作ってたり、

アイスを食べてると、

それまで床でグテ~っとなってるのに、

しれっと隣に座って、

お頂戴の目をしながらこっちを見て待っていたのを、

今でもハッキリと覚えてるので、

この日だけは、

本当に大好きやったアイスクリームを添えてやっています。


005.jpg


『アイス、美味しいな~w』

『元気にしやるんか??』


なんて声を掛けながら・・・


私にとっては、

5月5日は、

こどもの日ではなく、

翔の命日なんです。

命を通じて、

失う事の悲しさと、

失ってから気付く大切さと尊さ、

そしてそこから得る大切さと強さ等、

色々と再確認させてくれる日なんです。













   翔ちゃん・・・

        ありがと!


スポンサーサイト

今更、遅めの初詣記事・・・w

1月某日、

前厄の頃からお参りさせて頂いている、

清荒神様へ遅めの初詣を兼ねて参らせて頂きました。


この日は大寒波により、

前日からの雪が残っておりました。


065_20170201075540133.jpg


早いもので7年も通っています。

厄に当たる3年間も、

正直のところ、

星回りは悪かったのですが、

それ以前に私にとって最悪な数年間を乗り越えた分、

幾分かマシだったのでなんとかやり過ごせました・・・。


068_20170201075543bc4.jpg


厄というものは決まった年より早く来るものだと、

色々な方から聞かされてはいたのですが、

予測や準備など、

当然出来てない中、

気付けば、

先に進む道が無く、


069_20170201075545b2b.jpg


一歩先が真っ暗で、

勿論、

過去には戻れる筈もなく、

底の見えない、

酷い場合は生命に関わる怖さの中、

それでも術のないまま進むしか無く、

その中で私は多くのものを失いました。


071_20170201075548ec2.jpg


でも、

私は生きています。

生かされているのかも知れません。

これから確実にやってくる、

老い・病・運命等など、

逃れられない流れに立ち向かいながら、

その道を進み、

荒神様へお参りをし、

感謝し、

荒神様を後にし、

また進みを繰り返す。


070_20170201075546519.jpg


今まで、

深く考える事がなかった、

色々な方に支えられて来たからこそ生きてこられた感謝の気持ち、

自身の不甲斐ない行動を戒める気持ち、

そして、

師の教えを守り、

陰と陽の理を出来る限り受け止めて、

前向きな気持ちで今ある道を進みたいと思います。


066_20170201075541adb.jpg


荒神様、

昨年もありがとうございました。

今年も宜しくお願い致します。


072.jpg


この日は本当に珍しくよく雪が降り、

7年間で初めての雪景色の清荒神を眺めながら、

こうして私の2017年がスタートしました。



太郎 ■ おいっ!!


寅 ■ 何や??


太郎 ■ 良くも俺様にこんなカッコ、させやがって!! 俺には感謝の気持ちがないのか??


寅 ■ えっ??



































太郎 ■ えっ?ちゃうわい!! 早く出せ!!


067_20170201075542f2c.jpg


寅 ■ 満更でもないんか、笑ろてるやないかいw




2016年も大変、お世話になりました!!

早いもので、

あっという間の1年となりました。

個人的には、

良い事も沢山あったのですが、

ここ5年間は、

悲しい事や、

滅入りそうなキツイ事も多々ありました。


趣味のラーメンの方は、

年々、

充実し、

私が所属しております、

『汁麺人愛家族』では、

初期の2年間は不安定でどうなるかと思いましたが、

今年の中頃に入ってからは、

今まで一人で食べ歩いてきた楽しさと同等に、

彼らと食べ歩く時間がかなり楽しくなってきましたw


個人的にも、

抱えていた問題も着々と解決してきましたので、

来年は、

友人や家族との時間ももっと沢山作っていき、

仕事や活動にも力を入れて、

良い事も悪い事も、

陰陽の理を忘れずに受け入れて、

この様な私を支えてくれた両親をはじめ、

身内や友人・仲間、

見守ってくれているこの世を去ってしまった祖父・祖母や親類の方々、

そして、

知り合えた皆様に感謝の気持ちを忘れずに、

前向きに進んでいきたいと思います。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。


それでは皆様、

良いお年をお迎え下さい。

皆様にとって素晴らしい年越しとなりますように・・・。



                               

         



                               のーてんの寅




こちらも宜しくお願い致します。



●のーてんの寅 ホームページ

SeaーSide★Cottage


●当ブログ

【のーてん人生 寅ノ巻 ~陰陽乃章~】


●ラーメンブログ

のーてん人生 寅ノ巻 ~麺遊之章~


●Twitter

のーてんの寅@汁麺人愛家族


●Instagram

mypace_tiger


●Mixi

のーてんの寅




思い入れのある場所

19歳の頃、

通っていた学校の関係とアルバイトをしていて・・・、


あ・・・、

え~とですね、

25年前になりますね。


その街のシンボル的な交差点を、

ラーメンを食べた帰りに通って、

この日はとても良い天気で、

しかも、

雲一つない綺麗な青空だったので、

停車中、

空を眺めていました。


017_20161103050633741.jpg


学校へ通い、

アルバイトをして、

その帰りに、

遅くまで遊んだり、

待ち合わせをしたり、

その中で、

今でも続いている、

いなければ今の私はなかった程、

影響を与えてくれた親友や、

大切な人物、

また、

ある理由から絶縁した友がいたり、

環境が変わり離れてしまった仲間など、

当時凄く沢山の経験と影響を受けた場所がこの阿倍野なんです。


018_20161103050635505.jpg


この交差点名はその名残を感じさせますが、

もうこの高く聳え立つ建物は、

近鉄百貨店とは呼ばなくなってしまい、

あべのハルカスって呼ばれてるんですよね~www

陸橋も含めて、

通っていたお店や施設の殆どは変わり果ててしまいました・・・。

場所だけではなく、

私自身も、

歳も含めてですが、

変わった・・・、

変わり果てた・・・??

良くなった?

悪くなった??


・・・というのも、

19歳のその当時に、

学校を卒業し、

社会人としてやっていく前の最後に阿倍野に立ち寄った時、

見上げた空がこんな感じの空だったんです。

そして勤め出して、

同じ阿倍野へ立ち寄った時、

ついこの間迄、

仲間や友人たちと遊んだりして、

凄く楽しかった日々がウソのように静まり、

環境がガラリと変わり、

戸惑っていた事を思い出すんです。

だからこういう天気の時にここを通ると、

ふとこんな感じで、

その度に自答自問してしまうんですよね・・・


020_20161103050635121.jpg


こんな良い天気に、

部屋の窓を全開にして、

空気の入れ替えをする様に、

自身の心の入れ替えをしてくれるそんな場所が、

ひとつでも多くあると良いと思いませんか?

勿論、

前向きな意味でw



さようなら 人生で一番寂しい夏・・・

いつのまにか、

夏のBGMである蝉の声が聞こえなくなり、

台風が過ぎ去って一気に夏の面影が消えてしまった・・・


思えば、

海はおろか、

花火すら見ないまま、

夏らしい事を全くといっていい程、

何もしないまま終わってしまった

祖母の存在を感じた最後の夏が終わってしまった・・・


8月4日に、

この世を旅立って今月21日、

四十九日を迎えました。


正直、

まだ気持ちにブレが若干残ってはいるのですが、

私が心に刻んだ陰陽の理に基づき、

私にとって大きな存在である祖母を失ったので、

前向きに、

それに変わる、

小さいながらも何かを沢山得るのか、

大きな何かを纏めて得る事が出来るのかは分かりませんが、

ひとつひとつ、

しっかりと掴み取りたいと思います。


それが、

祖母への一番の供養になると信じて・・・。


なので、

今度、

この世へ帰ってくるお盆まで、

祖母の記事は書かない事にしました。

でないと、


「しっかり、前向いて歩きよし!」


と怒られてしまいますから。


祖母へこの歌を届けて、

命日とお盆の船を流す時、

顔を見せに行きたいと思います。



おばあちゃん、

おじいちゃんやみんなに会えたかな?

どうか、

みんなを見守って下さい。


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ